スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブプラスとONEに共通するもの

「ときメモ」こと「ときめきメモリアル」で
ギャルゲー文化を完全に日本に定着させたコナミから
その系譜の最終形態として打ち出されたと言われる
「ラブプラス」
が今年の夏にDSから発売されるそうです。

で、このラブプラスですが
僕は当初、この作品で丹下桜さんが密かに復帰される
という情報が一番で気になっていた程度だったのですが
色々と情報を集めるうちにとんでもない機能が搭載されているということを知りました。

ボリュームが桁違いであることは言うに及ばずですが、なによりも注目したいのは、
「エンディング無き恋愛の日々が後半パート」 でしょう。

ギャルゲーやエロゲーはもとより、大半のゲームの基本には終わりがありますよね。クリアした後に永遠に続く第2章があったとしても、一度はゲーム自体に終止符を打たせることが慣例とされています。

一方、基本ではない例外として、オンラインゲームのように「ゲーム」と「コミュニケーション」の双方を基盤としたものは、終わりを作らずに常にアップデートを繰り返し、世界を持続することでユーザーに満足を提供しています。

そう、まさにこれだ。

仮に、言葉どおりの意味でこのラブプラスにエンディングが無いとすれば、ユーザーはゲームの落とし所を見つけることが出来ず、永遠にゲームをし続ける羽目になることもあるはずです。当然、飽きる人も出てくるのでその手に耐性がある特定のユーザーに限られるとは思いますが、これまでのゲームとは一線を画すレベルで廃人が発生する率は高そうです。だってこのゲームの狙いってそこでしょう、コナミさん?

[駄文]ラブプラスがまじでやばい



コナミがアップをはじめました

今まではアイドルマスターでバンナムに後塵を拝していましたが
ギャルゲーの搾取サービス機能を強化して
長く遊べるギャルゲーを作るという形に打って出たという感じがします。
ソフトの中のデータは有限ですが、有料のダウンロードコンテンツが次々と提供されれば
そして、飽きることがなければ「永遠に」遊び続けるという新しい廃人生成型ギャルゲーが
出来ると言うことになるのです。

ここで「永遠」という言葉がなんとなく気になりました。
自分の中で「永遠」と言ったら、何を差し置いても「ONE ~輝く季節へ~」です。
独特の作風で一世を風靡し元祖泣きゲーとよばれる作品ですが
そのキーワードが「永遠の世界」でした。
作品が出た当時はこの「永遠の世界」に各種議論が沸きおこり
この言葉が出ると場が荒れるので禁忌の言葉とされたこともあったりなかったり。

「永遠の世界」とは主人公と彼の妹の間で交わされた約束から
創造された精神世界ということになっています(自分の中の結論)が、
改めて、この「ラブプラス」を考えると
まさに「永遠の世界」ということになるのではないかと、ふと考えてしまいました。
つまり、プレイヤーが飽きない限りDSの中に二人だけの
「永遠の世界」
が広がっているのだと。

そして、ともすればONEのヒロイン側の現象も起きえます。
というのは、もし「ラブプラス」に飽きてほかのゲームをし出すと
「ラブプラス」のヒロインはずっとずっとプレイヤーを待ち続けることになります。
そして、思い出したようにDSに「ラブプラス」を挿して起動すると
待ち続けていたヒロインが涙を流して
「・・・ずっと待っていたんだから」
と嗚咽をこらえつつしゃべる・・・。
まさに、ONEのヒロイン再会シーンであるように感じます。
こんなことになったら再度「ラブプラス」に没頭してしまいますね。

実際にはこうなるかどうかわかりませんが
色々妄想想像されて発売されるのが楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。