スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!に垣間見えるジブリっぽさ

けいおん!最終回を迎えてしまいました。12話+αと短いアニメでしたが、久しぶりに先がさらに見たいと思われてくれる作品でした。(まだ番外編が残っていますが・・・)

 ところで、この作品を見るにつけて気になった点があります。それは、「人間くさい」描写が見て取れたなぁというところです。

僕が最初にそれを強く感じたのは第3話で唯が試験勉強をしている時に首を「ばきばきっ」としたところです。正直びっくりしました。いやだって仮にもヒロインですよ。しかも、結構生々しい描写・・・。ほのぼのした女子高生の学園生活を描くアニメとしてはかなり浮いた描写です。でも、その後すぐに「確かにこういうこと日常的にするよなぁ」と思うとともに、唯というキャラクターをとても身近に感じるようになりました。

また同時に、こういう描写をするアニメってほとんどないような気がするけど、確か見たような気がするというデジャブを感じました。ちょっと考えた後にそれは「ジブリ作品」にあったよなぁと思い出したわけです。

このシーンとかぶったのは、耳をすませばの雫が鼻をかむシーン。あのシーンも描写としてはストーリーに全然必要ないけれど、ヒロインがすごく「人間くさい」ことをすることで、違和感を感じつつも
その存在を身近に感じた瞬間でした。

あとは魔女の宅急便のキキが朝起きてトイレに行くシーン。これも確かストーリーとは全然関係なく、アニメ的には違和感を感じますが、日常的な動作として「人間くささ」を演出しヒロインへの親近感を高める効果があるような気がします。

でも、ここで問題なのは「人間くさい」描写を行うともれなく「違和感」が伴ってしまうところです。それはそうでしょう。二次元と三次元は違いますから。

それが強く出てしまったのが最終回の唯や澪が熱唱する横顔のシーンです。これもリアリティ溢れるように「人間くさく」描写を行っているのですが、ここでも海外の人々から酷評されています。

このシーンの違和感をジブリで例えるなら、となりのトトロのさつきが泣くシーンでしょうか。このシーンではさつきが通常のジブリアニメ顔からヨーダばりのシワクチャ顔になっていまいます。僕が見たときはあまりにど迫力過ぎて引いた覚えたありますが、これもやはり「人間くささ」の描写へのこだわりなんだと思います。ふと書いていて思い出しましたが、ハルヒの歌唱シーンでもこんな違和感を感じた気がします。

そんなこんなで、京アニはかわいらしいアニメにも「人間くさい」描写を取り入れて、果敢にリアリティへの挑戦をし続けているように感じられます。
そのずっと先の方にはスタジオジブリの姿が見えているのでしょうか。どうなんでしょうかねぇ。






スポンサーサイト

『プロダクトプレイスメント』という観点から『けいおん!』を捉える

『けいおん!』見ましたよ!!けいおん!!
これでちょっとは『けいおん!』について語る資格が得られたかな?いや、そうでもないかな…。

以前のブログで
京アニのアニメは副収入が期待できるレベル
なんて、『けいおん!』も見ずに他人事のごとく書いてみたわけですが、その後似たような記事に出会いました。
京アニがハルヒ,らきすた,けいおん!でやったことを整理する
無知な僕は『プロダクトプレイスメント』なんて言葉は全く知らなかったのですが、ここの記事を読ませて頂いて、「ほほ~そういうふうにいうんだ~」と一つ賢くなった次第であります。

『けいおん!』も見たことだし、京アニ作品についてその影響力と宣伝効果が取り沙汰されたので
もうちょっとこの辺について考えてみたいと思います。まぁでもチラ裏なのであまり細かいことは言わんといて下さい。

まず先ほどの記事についたコメントについて考えてみます。

紬が使用しているTRITON Extremeは生産、販売とも終了してます。
紬がエンディングで使用しているKR-100に至っては、中古でも出回っていません。
この二つは、見た目が非常に独特でカッコいい機種なので、『プロダクトプレイスメント』より『見た目』を重視したのでしょう。
京アニは『プロダクトプレイスメント』についてはマダマダだと思いますよ。
もっとも、次ココを舞台にしてくれ。とか、次の作品でコレを出してくれという要望が来ている可能性はありますが。


これを見ると紬が使用しているキーボードはもうディスコンらしいので
これを広告する意味は全然ありませんし、『プロダクトプレイスメント』には
なっていないと思いますねぇ。
今後、紬がキーボードを新調することがあったりするかもしれませんが…

あと、自分も自分のブログを書いた後すぐに思ったことがコメントでも書かれいて、やっぱりそうだよなぁと思いました。


ただ、こういう流行みたいなものはビジネスが絡んでないからこそのものだと思うんです。
意図的にやりだすと、一部の“潔癖主義”のようなものによって拒絶されてしまって
結局はそれが蔓延してマイナスにならないとも言えません。近頃はそんな風潮が強い気がします。

私としては、CMとは別に新たな広告方法として広がってくれれば、と思っております。


セリフで宣伝されると萎えると思いますよ。
ネットの人たちは。



結局、あからさまにやるのは逆効果で飽くまでさりげなく『プロダクトプレイスメント』しなくてはいけないのです。

で、ここで『けいおん!』の『プロダクトプレイスメント』に立ち返って考えると、これはこれでしっかり成功してると思うのです。

澪関連の商品は勿論のこと、唯のギターも売れ切れが出ているみたいです。じゃぁ、紬は?律は?となりますが、彼女らは『あからさまにやる』のを防ぐための
エスケープゴートと考えるのはどうでしょうか?

以前、『けいおん!』の人気投票があって一位は澪、二位は唯でした。京アニはこの辺のオタクの趣向を見越して『プロダクトプレイスメント』していたら
かなりの策士だと思います。
それを裏付ける内容かどうかわかりませんが、
・唯のギターは初心者が持つにはかなり高額。
・澪のヘッドフォンに至っては高校生が気軽に着けるような商品ではない。
この辺りは挙げられるんではないでしょうか。まぁ、単に人気のキャラの関連商品だけが売れたと考えられもしますが。

そして逆の立場で広告主だとしたら、どのキャラに商品を宣伝させるかで売れ行きが大きく変わってくると言うところも興味深いところではあります。

まぁいろいろくだらないことを書いてしまいましたがこういった観点からもアニメを楽しむのはアリだと個人的には思うので、今後の『けいおん!』に出てくる商品群は要チェックですね!

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

京アニのアニメは副収入が期待できるレベル

澪ヘッドフォン(AKG K701) 「けいおん!効果炸裂!これが高級澪ホン」

8万円近くもするヘッドフォンが馬鹿売れって
『けいおん!』効果は半端じゃないですね。
他にも楽器が売れまくったり、音楽教室にまで波及する程の勢い。


前のらきすたも鷲宮周辺の景気を半端じゃないほどに押し上げているのも
記憶に新しいですが、ここまで来ると京アニの作るアニメは
経済効果が非常に大きいことが証明されつつあるので
メーカーや自治体が黙っちゃ居ない感じがしてきます。

そもそもこのヘッドフォンや楽器は原作に忠実なのかどうなのか
ちょっとわかりかねますが、京アニ独自ならアニメに「~の商品」や
「どこそこ」を取り上げてくれと各種団体が言い出しそうな気がします。
というか、もうやってるのかな?

昔、ゲームに広告を貼ってゲーム以外副収入を得るようなスタイルがありましたが京アニのアニメはそれを凌駕する副収入が期待できそうです。
って守銭奴的な考えは駄目ですか?

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

早くも「けいおん!」の次を考えてみる。

「けいおん!」が巷で大人気みたいです。
でも、僕はまだ「けいおん!」を見ていない・・・。
DVDまで待つか、友人宅で見せて貰うか悩ましいところ。

『けいおん!』ブームに便乗しようと全国の楽器店がようやくアップを始めました

楽器まで売れ始めているとは、もはや第二の「らき☆すた」の様。
そいういえば、マンガがあればいいーのだ。さんのところで
マンガが取り上げられていたので見てみたら
「けいおん!」も「らき☆すた」も四文字でしかも四コマ漫画・・・
しかも登場キャラは女の子ばかり・・・。
そして女の子達がワイワイやってるような感じ。
そんなマンガがこの世の中にあるでしょうか?
少なくとも僕が知っているのは「恋愛ラボ」のみ。
なので、この法則から行くと「恋愛ラボ」が
次の次ぐらいで京アニからアニメ化するのでは?

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。